コンピュータウイルス 種類

コンピュータウイルスの種類

コンピュータウイルスのセキュリティ対策に頭を悩ませている方も多い事でしょう。

コンピュータウイルスには、様々な種類があります。
代表的なものとしてはワーム、トロイの木馬、スパイウェア、ダウンローダー、バックドア、ルートキット、ボット、キーロガーなどといったものです。


これらは各々に応じた対策が重要です。
これらのコンピュータウイルスはファイル感染の有無で分けられ、更には自分での増殖の有無で分ける事が出来ます。
ファイル感染をするタイプのコンピュータウイルスは、「ファイル感染型」と言い、自分で増殖するものをワーム型、しないものをトロイの木馬と呼んでいるのです。

更にファイル感染をするタイプのものとして、元からあるファイルが実行できなくなる「上書き感染型」と、元からあるファイルの実行と一緒にウイルスも実行できてしまう「追記感染型」があります。
コンピュータウイルスというのは大体この3つに分けられ、セキュリティ対策ソフトでのコンピュータウイルスの検出や駆除を実行する場合の、適切な考えに基づいていると言えるでしょう。

セキュリティ対策として有効な方法は、ファイル感染をするタイプのコンピュータウイルスは不正コードを取り除き、ワーム型やトロイの木馬型の場合は、問題となっているファイルそのものを削除するというものです。またこの他にも分類方法があります。
例にとって言うと、情報を外部に漏らす働きをするトロイの木馬型ウイルスをスパイウェア、不正侵入のための入り口をコンピュータに作り出すものをバックドア、ログに残る侵入したという証拠自体を改ざんし隠すものはルートキットといった分類です。それぞれの種類に応じたセキュリティ対策が重要なのは、言うまでもありません。

軽いウイルスソフト関連情報