ウイルスソフト 感染 緊急対処法

コンピュータウイルス感染時の緊急対処法

コンピュータを扱っていく上ではどんなにセキュリティ対策をしていたとしても、その隙間を縫ってコンピュータウイルスが入り込んでくる事があります。
その場合あっという間に感染が広がってしまう可能性が高いです。
そんな状態になっても慌てないように、前もって対策は確認しておきましょう。

まず、被害の拡大を防ぐためにインターネットの接続は切っておきます。
その後は問題解決まで接続はしないようにして下さい。
再接続を行なう事で感染が広がったり、情報が漏洩したりといった危険性も考えられるからです。

それと同時にLANの接続も切るようにして下さい。
LAN接続下でコンピュータを使用していた場合、他のコンピュータまでもウイルスに感染してしまう可能性があるからです。

但し、ウイルスの感染源はインターネットやそれぞれのメディアに限った訳ではない事を念頭に置く必要があります。
また電子メールでやり取りを行なう際、送信後にウイルス感染が分かった場合はすぐに受信者に知らせて下さい。

相手がセキュリティ対策を行なっているのであれば、ウイルスを検出できる可能性が高いですが、そうでない場合は状態に応じた対処をしてもらわなければなりません。
緊急の時はこういった事を実行し、その上で駆除を実行する事が重要です。

セキュリティ対策ソフトを導入していたとしても、コンピュータを使用する限りはこういった危険性を孕んでいます。
もし仕事場でコンピュータを扱っているのであれば、コンピュータウイルスに感染した時の対処法を理解し、担当者がいるのであればすぐさま感染の事実を報告し、対応について相談することが大切です。

軽いウイルスソフト関連情報